沿革

1951年
東京都千代田区に加工部品(鉄系、銅系)の販売を主たる業務として喜富興業を設立。
1952年
株式会社三信に社名を変更。
粉末冶金、焼結含油軸受の販売を開始。
1954年
東京都葛飾区に本田工場を設立。
黒鉛系複合材(ポリボン)の製造販売を開始。
1956年
名古屋営業所を開設。
1964年
ポリボンの水中ポンプ軸受等摺動部材への適用実績により、工業技術院賞を受賞。
1967年
岡山出張所(のち営業所)を開設。
1970年
粉末冶金(サンロン)専門工場を埼玉県比企郡川島町に開設し、内製化生産を開始。
1986年
旧東京焼結金属(株)のショックアブソーバー部品の受託加工を開始。
1989年
受託加工工場として、川越第二工場を新設。
1994年
川越第二工場を増設。
2001年
NEDOより研究開発の支援を受け、三次元構造小型薄型モーターコア開発。
2002年
旧東京焼結金属(株)と旧日本粉末合金(株)が合併し、「株式会社ファインシンタ―」が発足。
隣接用地を取得、川越第一工場と技術棟を整備拡大。
2003年
加工受託製品(ショックアブソーバー)部品がファインシンター東北(株)へ移管。
ショックアブソーバー部品の2体型ピストンを生産開始。
「ファインシンター三信株式会社」に会社名を変更し、株式会社ファインシンタ―との関係を強化。
2005年
川越第一工場と第二工場を統合し増設。
コンプレッサー用部品の鉄系ベーンを生産開始。
2006年
エアコン用コンプレッサーの部品を生産開始。
2007年
耐焼付性に優れたギヤポンプ部品を生産開始。
ISO9001を取得。
2011年
株式会社ファインシンターが全株を取得、完全子会社化。
2012年
岡山営業所を閉鎖し、名古屋営業所に統合。
埼玉県障害者雇用サポートセンターと連携し、障がい者を雇用。
2016年
埼玉県より「埼玉県障害者雇用優良事業所」に認定される。
PAGETOP
ページの先頭へ戻る